令和元年度資源評価報告書(ダイジェスト版)

[詳細版へ]
標準和名 アカアマダイ 魚種写真
学名 Branchiostegus japonicus
系群名(海域) 日本海西・九州北西部
担当水研 西海区水産研究所

生物学的特性

寿命: 雄10歳、雌9歳程度
成熟開始年齢: 雌:2歳(24%)、3歳(40%)、4歳(52%)、5歳(74%)、6歳(92%)
雄:3歳(3%)、4歳(35%)、5歳(46%)、6歳(69%)
産卵期・産卵場: 対馬北東海域で7~11月、日本海南西海域で6~10月、水深100~130mの海域
食性: 魚類、甲殻類、多毛類、頭足類、貝類、棘皮動物
捕食者: 底棲の大型魚類

▲このページのTOPへ

漁業の特徴

漁業の主体ははえ縄漁業(はえ縄)で、その主漁場は、島根県では島根半島沖、山口県では見島周辺から対馬東方にかけての海域、長崎県では対馬周辺海域および北松海域である。 沖合底びき網漁業(沖底)でも漁獲されるが、はえ縄と比較して漁獲物に占める小型(低年齢)個体の割合が高く、主要な漁獲対象にはなっていない。 2000年以降は我が国のアマダイ類(アカアマダイ・シロアマダイ・キアマダイ他)の漁獲のうち9割以上がアカアマダイであると推測される。

▲このページのTOPへ

漁獲の動向

本資源評価では、日本海西・九州北西部において島根、山口、福岡、佐賀、長崎、熊本の6県により利用されるアカアマダイ資源を評価した。 本資源評価の対象となる日本海西・九州北西部での漁獲量は、2004年以降の値が整備されている。 2010年以降は750トン前後で推移しており、2018年は724トンであった。 当資源評価の対象海域外での漁獲を含む6県のアマダイ類の総漁獲量は、1995年以降整備されているが、2000年にかけて、東シナ海における漁業の衰退により急減した。 県別では、山口県と長崎県が突出しており、ついで島根県の漁獲が多い。

▲このページのTOPへ

資源評価法

1995年以降の日本海西・九州北西部に限った漁獲量データが利用できる島根県、福岡県および長崎県沿岸域の漁獲量をもとに、資源水準を判断した。 動向は、沖底2そうびきの標準化単位努力量あたり漁獲量(CPUE)、島根県はえ縄のCPUE、山口県はえ縄・釣漁業のCPUE、長崎県はえ縄のCPUEの相乗平均から算出した資源量指標値の変動から判断した。

▲このページのTOPへ

資源状態

資源量指標値は、算出可能な2007年以降、変動しながら上昇傾向にある。 島根県、福岡県および長崎県沿岸域の漁獲量の合計の最大値(804トン)と最小値(436トン)の間を3等分し、高位・中位・低位を区分する基準値とした。 2018年の当該漁獲量の合計461トンから、資源水準を低位と判断した。 最近5年間(2014~2018年)の資源量指標値の推移から、資源動向を横ばいと判断した。


▲このページのTOPへ

管理方策

再生産過程に不明な点があるものの、資源水準が低位にあるためこれを回復させるために、漁獲を抑制することが必要である。 漁獲量を減じたうえで、資源量指標値の変動に合わせて漁獲することを管理目標とし、2020年ABCを算定した。 なお、現在アカアマダイを対象とする漁業に対して、操業時間の制限、休漁日の設定などの努力量削減の取り組みに加え、若齢魚保護を目的とした漁具規制も行われている。 アカアマダイ成魚は定着性が強いため、若齢魚保護の取り組みを今後も継続し、加入した資源を有効に利用することが求められる。
管理基準 Target/Limit 2020年ABC
(トン)
漁獲割合
(%)
F値
(現状のF値からの
増減%)
0.8·C2018·1.02 Target 473
Limit 591

▲このページのTOPへ

資源評価のまとめ

管理方策まとめ

▲このページのTOPへ

執筆者:酒井 猛・川内陽平・青沼佳方

資源評価は毎年更新されます。