令和元年度資源評価報告書(ダイジェスト版)

[詳細版へ]
標準和名 サワラ 魚種写真
学名 Scomberomorus niphonius
系群名 東シナ海系群
担当水研 西海区水産研究所

生物学的特性

寿命: 6歳程度
成熟開始年齢: 1歳(一部)、2歳(大部分)
産卵期・産卵場: 3~6月、東シナ海の中国沿岸
食性: 生活史を通じ魚食性が強い
捕食者: 不明

▲このページのTOPへ

漁業の特徴

1980年代には東シナ海において主に大中型まき網により多獲していたが、1990年代に入ると漁獲量は急減した。 2001年に日本海での漁獲が初めて東シナ海を上回ると、その後は日本海での漁獲の割合が増加を続け、2015年以降では約8割を日本海での漁獲が占めている。 我が国による漁獲よりも、韓国や中国による漁獲がはるかに多い。

▲このページのTOPへ

漁獲の動向

我が国の漁獲量は、1984~1991年には1.6万~4.5万トンで推移したが、1992年に1万トンを下回り、1997年には822トンまで落ち込んだ。 1998年以降に漁獲量は増加し、2018年は1.1万トンであった。 韓国の2018年の漁獲量は3.2万トンであった。 中国の漁獲量は1990年代後半から増加し、2000年以降は40万~50万トンで推移している。 中国の漁獲量の中にはサワラ以外のサワラ類が含まれる可能性があるが、その程度は不明である。

▲このページのTOPへ

資源評価法

資源水準は、過去35年間(1984~2018年)における日本と韓国の合計漁獲量に基づいて判断した。 東シナ海と日本海における漁業種類の違いと経年的な漁獲海域の変化を考慮して、東シナ海ではまき網の単位努力量当たりの漁獲量(CPUE、kg/網)、日本海では大型定置網のCPUE(トン/統)を資源量指標値として使用した。 資源動向は、2つの海域の資源量指標値を併せて総合的に判断した。

▲このページのTOPへ

資源状態

資源水準は、日本と韓国の合計漁獲量の最大値と最小値の間を3等分し、4万トンを高位と中位、2.5万トンを中位と低位を区分する基準値とした。 2018年における日本と韓国の合計漁獲量は4.3万トンであったことから、資源水準は高位と判断した。 資源量指標値は、東シナ海において2014年から2015年にかけて大幅な減少が見られたものの、東シナ海と日本海それぞれでの最近5年間(2014~2018年)における変化は比較的安定していることから、資源動向は横ばいと判断した。

▲このページのTOPへ

管理方策

日本に比べて韓国と中国の漁獲量がはるかに多い現状で、日本のみで資源管理を行っても管理の効果が薄い可能性はあるが、資源水準および東シナ海と日本海における資源量指標値の変動傾向に合わせて漁獲を行うことを管理目標とし、海域ごとのABCを算定した上で、これらの合計値を本系群全体の2020年ABCとした。 サワラは東シナ海において韓国・中国等に主に漁獲されるため、資源評価、資源管理に当たっては各国間の協力が必要である。
管理基準 Target/Limit 2020年ABC
(百トン)
漁獲割合
(%)
F値
(現状のF値からの
増減%)
1.0・C2018ECS・0.46
1.0・C2018JS・0.79
Target 67
Limit 83

▲このページのTOPへ

資源評価のまとめ

管理方策のまとめ

▲このページのTOPへ

執筆者:田邉智唯・髙橋素光・依田真里

資源評価は毎年更新されます。