平成25年度資源評価票(ダイジェスト版)

[詳細版へ]
標準和名 ウルメイワシ 魚種写真
学名 Etrumeus teres
系群名 対馬暖流系群
担当水研 西海区水産研究所

生物学的特性

寿命: 3年
成熟開始年齢: 1歳
産卵期・産卵場: 九州周辺水域では周年、日本海北部では春~夏
索餌期・索餌場: 夏~秋季、日本海西部~東シナ海
食性: 稚魚期・成魚期ともカイアシ類、十脚類、端脚類
捕食者: 大型魚類やほ乳類、海鳥類、頭足類

▲このページのTOPへ

漁業の特徴

ウルメイワシ対馬暖流系群は、東シナ海区(福岡県~鹿児島県)では中小型まき網や棒受網により、日本海西区(福井県~山口県)では大中型まき網、中型まき網、定置網などにより漁獲され、日本海北区(石川県・富山県)では定置網などで混獲される程度である。漁獲が多いのは、東シナ海区と日本海西区である。なお、対馬暖流域では、沿岸での釣りや刺網による漁獲はほとんど行われていない。

▲このページのTOPへ

漁獲の動向

東シナ海区において漁獲量は1981~1997年には0.7万~1.6万トンであったが、2000年にかけて減少した。2001年以降は増加に転じ、2012年は2.6万トンであった。日本海西区において漁獲量は1980年代後半~1990年代前半に多く、2001年以降の漁獲量は0.6万~1.2万トンで推移している。日本海北区においてはあまり漁獲されず、2012年の漁獲量は0.1万トンであった。

▲このページのTOPへ

資源評価法

月別漁獲量と体長測定資料を用いたコホート解析により資源評価を行った。

▲このページのTOPへ

資源状態

資源量は1970年代後半~1980年代前半に減少、1980年代後半~1990年代前半に増加、その後再び2000年にかけて減少した。2001年以降は変動しながらも徐々に増加し、2012年には10.5万トンと推定された。これより、資源動向は増加と判断した。親魚量と加入尾数には正の相関があったが、親魚量が多くなると加入尾数は頭打ちになる傾向が認められた。2012年の親魚量は3.3万トンでBlimitを上回ったが、加入尾数が頭打ちとなる親魚量7.5万トンを下回ったことより、資源水準を中位と判断した。

▲このページのTOPへ

管理方策

資源管理の基準となるBlimitは、加入量の上位10%を示す直線と、再生産成功率の上位10%を示す直線の交点に近い1984年の親魚量2.7万トンとした。2012年の親魚量は3.3万トンでBlimitを上回った。2013年以降のRPSを近年5年間の中央値で与え、それに対応するFmedで漁獲すると、2014年以降の資源量は2012年よりもやや減少する。ABClimitはFが基準値(Fmed)で、RPSが近年5年間の中央値で推移するとした時に計算される漁獲量とした。予防的措置としてABCtargetは0.8Fmedとした。
  2014年漁獲量 管理基準 F値 漁獲割合
ABClimit 65千トン Fmed 1.26 46%
ABCtarget 58千トン 0.8Fmed 1.01 41%
  • Fは各年齢の平均
  • ▲このページのTOPへ

    資源評価のまとめ

  • コホート解析により資源量を推定した
  • 資源水準は中位、動向は増加
  • 2012年の親魚量は3.3万トンで、Blimit(2.7万トン)を上回っている
  • 管理方策のまとめ

  • 近年のRPS中央値に対応するFmed以下で漁獲し、親魚量の維持を図ることが適当
  • 資源を安定して利用するためには、親魚量の確保が有効
  • ▲このページのTOPへ


    執筆者:福若雅章・大下誠二・安田十也

    資源評価は毎年更新されます。