平成30年度資源評価報告書(ダイジェスト版)

[詳細版へ]
標準和名 ウルメイワシ 魚種写真
学名 Etrumeus teres
系群名 対馬暖流系群
担当水研 西海区水産研究所

生物学的特性

寿命: 3年程度
成熟開始年齢: 1歳(100%)
産卵期・産卵場: 九州周辺水域では周年、日本海北部では春~夏
食性: カイアシ類、十脚類、端脚類
捕食者: 大型魚類、ほ乳類、海鳥類、頭足類

▲このページのTOPへ

漁業の特徴

主な漁業は東シナ海区(福岡県~鹿児島県)では中小型まき網や棒受網であり、日本海西区(福井県~山口県)では大中型まき網、中型まき網、定置網である。 日本海北区(石川県、富山県)では定置網などで混獲される程度である。 また、対馬暖流域では、沿岸での釣や刺網による漁獲はほとんどない。 韓国及び中国でもウルメイワシを漁獲しているが近年の漁獲量は不明である。

▲このページのTOPへ

漁獲の動向

漁獲量は1980年代後半から1990年代前半までは4万トンを上回る年が多くみられた。 しかし、1990年代後半から2000年にかけて1万トンまで減少した。 2001年以降は増加傾向にあり、2017年は3.6万トンとなった。 海区別では東シナ海区と日本海西区が漁獲のほとんどを占めている。東シナ海区では2001年から漁獲量が増加に転じ、2017年も3万トンを超えた。

▲このページのTOPへ

資源評価法

1976~2017年の月別漁獲量と体長測定資料から推定した年齢別漁獲尾数を用いたコホート解析により資源量を推定した。 ただし、韓国、中国の漁獲データが得られていないため、日本の漁獲データに基づき資源評価を行った。

▲このページのTOPへ

資源状態

資源量と親魚量は、2003年以降増加傾向にある。 2017年の資源量は9万トン、親魚量は6.4万トンと推定された。 親魚量と加入尾数との間には正の相関が認められたが、親魚量が多くなると加入尾数は頭打ちになる傾向が認められた。 2017年のRPSは22.6尾/kgと低い値であった。 Blimitは加入尾数の上位10%を示す直線と再生産成功率の上位10%を示す直線の交点に近い1984年の親魚量(2.7万トン)とした。 資源水準は、高位と中位の境界を親魚量の最低値~最大値の3等分に近い7.5万トン、中位と低位の境界をBlimitとし、2017年の親魚量6.4万トンから資源水準は中位、動向は近年5年間(2013~2017年)の資源量の推移から横ばいと判断した。 2017年はそれぞれ1、2歳魚の体重や資源尾数の減少がみられたため、親魚量が減少し、中位水準になったと判断した。

▲このページのTOPへ

管理方策

2017年の親魚量はBlimitを上回っているが、直近年のRPSが過去3番目に低い値となっており、今後の加入量の推移に注意が必要である。 そこで、親魚量の維持・増加を図ることを管理目標として、2019年のABCを算出した。 Fmed(0.90)やFcurrent(0.87)で漁獲した場合、親魚量の維持・増加が期待された。 将来的な漁獲量は両者で大きな違いはみられなかったが、Fcurrentは変動が比較的大きく将来予測が難しかったため、親魚量を維持するFmedを管理基準とした。 本系群は、漁獲物の大半が0~1歳魚であり1歳で成熟する。 親魚量を一定以上に保つため、加入が少ないと判断された場合は0歳魚を獲り控えるなどの方策が効果的と考えられる。
管理基準 Target/Limit 2019年ABC
(千トン)
漁獲割合
(%)
F値
(現状のF値からの
増減%)
Fmed Target 29 33 0.72
(-17%)
Limit 33 38 0.90
(+3%)

▲このページのTOPへ

資源評価のまとめ

管理方策のまとめ

▲このページのTOPへ


執筆者:鈴木 圭・安田十也・黒田啓行・高橋素光

資源評価は毎年更新されます。