平成30年度資源評価報告書(ダイジェスト版)

[詳細版へ]
標準和名 マダラ 魚種写真
学名 Gadus macrocephalus
系群名 北海道
担当水研 北海道区水産研究所

生物学的特性

寿命: 6歳以上(北海道太平洋)、8歳以上(北海道日本海)
成熟開始年齢: 雄3歳、雌4歳(北海道太平洋)
産卵期・産卵場: 1~3月(オホーツク海)、12~翌年3月(北海道太平洋、北海道日本海)、分布域全体に散在
食性: 漂泳生活をしている幼稚魚期は主にカイアシ類、底生生活に入ってからは主に魚類、甲殻類、頭足類、貝類
捕食者: 海獣類

▲このページのTOPへ

漁業の特徴

沖合底びき網漁業(沖底)と、刺網、はえ縄などの沿岸漁業によって漁獲される。 ほぼ周年漁獲されるが、冬季~春季に漁獲量が多い。 沖底の大部分は100トン以上のかけまわし船である。 生息環境の違いおよび主たる産卵場の位置から北海道太平洋、北海道日本海、オホーツク海、根室海峡の4つの海域に分けた。 北海道太平洋と1996年以降の北海道日本海では半分以上が沿岸漁業、オホーツク海ではほとんどが沖底、根室海峡ではすべてが沿岸漁業による漁獲である。

▲このページのTOPへ

漁獲の動向

資源全体の漁獲量は、1987年漁期(4~翌年3月の漁期年)を最高に減少した。 2007~2012年漁期に増加したのち減少して2016年漁期以降再び増加している。 2017年漁期の漁獲量は3.46万トン(北海道太平洋:1.58万トン、北海道日本海:0.52万トン、オホーツク海:1.02万トン、根室海峡:0.33万トン)であった。 100トン以上の沖底かけまわし船の漁獲努力量は、北海道太平洋とオホーツク海では1980年代後半以降減少して2000年代以降ほぼ横ばいであり、北海道日本海では2000年代に入ってから減少している。

▲このページのTOPへ

資源評価法

沿岸漁業の漁獲努力量に関する情報が得られていないことから、北海道太平洋、北海道日本海、オホーツク海の資源は、100トン以上の沖底かけまわし船によるマダラの有漁操業の単位努力量当たり漁獲量(CPUE)(以下、沖底CPUE)に基づいて資源状態を判断した。 漁獲努力量に関する情報が得られていない根室海峡の資源は漁獲量に基づいて資源状態を判断した。

▲このページのTOPへ

資源状態

資源水準は、過去33年間(1985~2017年漁期)の沖底CPUE(北海道太平洋・北海道日本海・オホーツク海)もしくは漁獲量(根室海峡)の平均値を50として各年のCPUEもしくは漁獲量を指標値(資源水準値)化し、65以上を高位、35以上65未満を中位、35未満を低位とした。 資源動向は、直近5年間(2013~2017年漁期)の沖底CPUEもしくは漁獲量の推移に基づいて判断した。 その結果、北海道太平洋の資源が高位・横ばい、北海道日本海の資源が高位・増加、オホーツク海の資源が高位・増加、根室海峡の資源が中位・横ばいと判断した。 本資源全体の資源状態は、漁獲量の大半を占める北海道太平洋の資源水準・動向に基づき、高位・横ばいと判断した。

▲このページのTOPへ

管理方策

北海道太平洋、北海道日本海、オホーツク海の資源は、資源量指標値の水準および変動傾向に合わせた漁獲を行うこと、根室海峡の資源は、資源水準および変動傾向に合わせた漁獲を行うことを管理方策とした。 北海道太平洋と北海道日本海の資源についてはABCを算出した。 一方、オホーツク海の資源の主産卵場はロシア水域にあり、根室海峡の資源の主産卵場は資源調査海域外にも及んでいると考えられ、資源量推定や来遊予測は困難であるうえ、日本漁船の操業海域においてのみ管理を行ってもその効果は限定的であると考えられるため、これらの2つの海域の資源についてはABCではなく算定漁獲量を提示した。
管理基準 Target/Limit 2019年漁期
ABC
(百トン)
漁獲割合
(%)
F値
(現状のF値から
の増減%)
北海道太平洋 1.0・Cave3-yr・1.03 Target 132
Limit 165
北海道日本海 1.0・Cave3-yr・1.66 Target 54
Limit 67
管理基準 Target/Limit 2019年漁期
算定漁獲量
(百トン)
漁獲割合
(%)
F値
(現状のF値から
の増減%)
オホーツク海 1.0・Cave3-yr・1.81 Target 79
Limit 99
根室海峡 0.9・Cave3-yr・1.20 Target 21
Limit 26

▲このページのTOPへ

資源評価のまとめ

管理方策のまとめ

▲このページのTOPへ


執筆者:千村昌之・境 磨・石野光弘・山下紀生

資源評価は毎年更新されます。