平成30年度資源評価報告書(ダイジェスト版)

[詳細版へ]
標準和名 マダイ 魚種写真
学名 Pagrus major
系群名 瀬戸内海東部系群
担当水研 瀬戸内海区水産研究所

生物学的特性

寿命: 15~20歳
成熟開始年齢: 3歳(50%)、4歳以上(100%)
産卵期・産卵場: 4月中旬~5月上旬:紀伊水道、大阪湾、播磨灘、5月中旬~6月中旬:備讃瀬戸
食性: 甲殻類、多毛類、尾虫類、魚類
捕食者: 稚幼魚期は魚食性魚類

▲このページのTOPへ

漁業の特徴

1951年以前は、一本釣、吾智網、しばり網などによって大型魚を漁獲対象としていた。 1970年代から、小型底びき網(小底)などにより小型魚が漁獲対象とされるようになった。 その後、漁獲量の増加とともに、再び大型魚の割合が増加している。 瀬戸内海漁業取締規則により、7月1日~9月30日の3カ月間、全長12cm以下のマダイの採捕が禁じられている。 本種は栽培対象種であり、2016年には93.5万尾の人工種苗が放流された。

▲このページのTOPへ

漁獲の動向

漁獲量は1956年の1,076トンから減少し、1971年には過去最低の234トンまで低下した。 その後増加傾向がつづき、2011年には過去最高の2,431トンとなった。 その後も比較的高い値を維持し、2017年は2,102トン(概数)であった。

▲このページのTOPへ

資源評価法

資源水準の判断には,資源低水準期を含む長期間の漁獲努力量が利用可能な兵庫県瀬戸内海区の小底の延べ出漁隻日数(2007年以降は推定値)とその漁獲量から計算される単位努力量当たり漁獲量(CPUE)を資源量指標値(水準)として用いた。 しかし、この資源量指標値は2007年以降の努力量が実数値ではなく、推定値に基づいており、現在の資源状況を判断するには精度の保証がむずかしい。 そこで、資源動向の評価とABC算定に用いる資源量指標値(動向)の傾きの算出には、2004年から現在に至るまで漁獲量と努力量の両方が継続して得られている兵庫県仮屋、沼島両漁協の小底漁獲量と延べ出漁隻日数から計算されるCPUEの加重平均値をそれぞれ用いた。

▲このページのTOPへ

資源状態

兵庫県瀬戸内海区の小底のCPUE(水準の資源量指標値)は、2012年以降一貫して上昇傾向を示し、2017年には過去最高値となる5.55kg/隻日となった。 1970~2013年の期間の最高値と最低値を3等分して上から高位・中位・低位とし、2017年は高位と判断した。 兵庫県仮屋、沼島両漁協の小底漁獲量と延べ出漁隻日数から計算されるCPUEの加重平均値(動向の資源量指標値)の直近5年間(2013~2017年)の傾きから、資源動向は横ばいと判断した。

▲このページのTOPへ

管理方策

資源量指標値の水準と動向に合わせた漁獲を行うことを管理目標として2019年ABCを算出した。 種苗放流効果についての評価は行われていない。
管理基準 Target/Limit 2019年ABC
(トン)
漁獲割合
(%)
F値
(現状のF値からの増減%)
1.0・Cave5-yr・1.01 Target 1,603
Limit 2,003

▲このページのTOPへ

資源評価のまとめ

管理方策のまとめ

▲このページのTOPへ

執筆者:山本圭介・本田 聡

資源評価は毎年更新されます。