平成30年度資源評価報告書(ダイジェスト版)

[詳細版へ]
標準和名 ハタハタ 魚種写真
学名 Arctoscopus japonicus
系群名 日本海北部系群
担当水研 日本海区水産研究所

生物学的特性

寿命: 5歳(年齢および年級は、ふ化した年を生まれ年とし1月1日に加齢する表記)
成熟開始年齢: 雄:1歳(割合は不明)、雌:2歳(100%)
産卵期・産卵場: 12月上・中旬、主に秋田県沿岸の藻場
食性: 端脚類、橈脚類、オキアミ類、イカ類、魚類
捕食者: 大型魚類(マダラ等)

▲このページのTOPへ

漁業の特徴

青森県~富山県では、夏と産卵期以外の周年、小型底びき網(小底)や沖合底びき網(沖底)により漁獲されている。 小底と沖底をあわせた底びき網による漁獲量が全体の約5割を占める。 また、ハタハタの産地として有名な秋田県、青森県の両県の浅海域では、産卵期にあたる12月上中旬に、定置網、底建て網、刺網で漁獲されており、それらの漁獲は全体の約5割を占める。

▲このページのTOPへ

漁獲の動向

漁獲量は、2万トン程度であった1970年代前半から1980年代にかけて急激に減少して1991年は158トンとなった。 この急激な悪化を受け、秋田県が3年間禁漁し、2004年には5,405トンにまで回復した。 しかし、2010年頃から再び減少し、2017年では1,578トンであった。 直近5年間(2013~2017年)の県別漁獲量では、秋田県が全漁獲量の3~6割を占めるが、2013年以降、青森県の割合も高く、2~4割を占めるようになっている。

▲このページのTOPへ

資源評価法

沖底の資源密度指数を資源量指標値とし、それに基づき資源状態を判断した。 また、山形県水産試験場が4~5月に実施した新規加入量調査ならびに漁獲物の体長組成に基づき、近年の年齢組成および各年級の豊度を推察した。

▲このページのTOPへ

資源状態

沖底の資源密度指数は、2001年以降、周期的に増減を繰り返しながら増加している。 新規加入量調査の結果から、2019年に漁獲される2017年級の豊度は比較的低いと推察された。 資源水準の境は、漁獲が多かった1970年代半ばに記録された資源密度指数の最高値およそ120を3等分し、高位と中位の境を80、中位と低位の境を40とした。 2017年の資源密度指数は73.0であり、資源水準は中位と判断された。 資源動向については、直近5年間(2013~2017年)の資源密度指数の推移から増加と判断された。

▲このページのTOPへ

管理方策

資源水準および資源量指標値(沖底の資源密度指数)に合わせて漁獲を行うことを管理方策とし、2019年のABCを算定した。 なお、資源水準は中位、動向は増加であるが、2019年に漁獲の主体となる2017年級の豊度は低いと推察されたことから、過度に漁獲することのないよう配慮すべきである。
管理基準 Target/Limit 2019年ABC
(百トン)
漁獲割合
(%)
F値
(現状のF値からの増減%)
0.9・Cave3-yr・1.22 Target 19
Limit 24

▲このページのTOPへ

資源評価のまとめ

管理方策のまとめ

▲このページのTOPへ

執筆者:飯田真也・藤原邦浩・八木佑太・松倉隆一

資源評価は毎年更新されます。