令和元年度資源評価報告書(ダイジェスト版)

[詳細版へ]
標準和名 スケトウダラ 魚種写真
学名 Gadus chalcogrammus
系群名 太平洋系群
担当水研 北海道区水産研究所
中央水産研究所
東北区水産研究所
開発調査センター

生物学的特性

寿命: 不明(10歳以上)
成熟開始年齢: 3歳(20%)、4歳(80%)、5歳(90%)、6歳(100%)
産卵期・産卵場: 12~翌年3月、盛期は1~2月、主に噴火湾周辺海域
食性: 主にオキアミ類や橈脚類をはじめとする浮遊性甲殻類、その他に小型魚類、イカ類、底生甲殻類、環形動物など
捕食者: マダラ、アブラガレイ、イトヒキダラ、海獣類、共食い

▲このページのTOPへ

漁業の特徴

本系群は、沖合底びき網漁業(沖底)と刺網や定置網などの沿岸漁業で漁獲されている。 1980年代には東北太平洋での漁獲量も多かったが、近年の主漁場は北海道の渡島・胆振地方(襟裳以西)と十勝・釧路地方(道東)である。 襟裳以西では沿岸漁業が主体で、主漁期は10~翌年1月である。 道東では沖底が主体で、主漁期は9~11月である。 なお、千島列島南西海域ではロシアの大型トロール船が操業を行っている。

▲このページのTOPへ

漁獲の動向

漁獲量は2000年代前半に20万トン台から急減し、2002年漁期(4~翌3月)には10.9万トンまで減少した。 2005~2014年漁期はTAC規制なども働き14.3万~17.5万トンの範囲で推移したが、2015年漁期以降は減少傾向となり、2018年漁期は7.6万トンであった。 2014年漁期以降、道東の漁獲量が襟裳以西を上回っている。

▲このページのTOPへ

資源評価法

コホート解析により1981~2018年漁期の資源量を推定した。 北海道根拠の沖底の標準化した年齢別単位努力量当たり漁獲量(CPUE)(3~7歳)と、沿岸漁業のCPUE(刺網漁業の漁獲成績報告書から得られる月別CPUEの合算値、および同漁業の操業日誌に基づく標準化CPUE)の変動と、それぞれのCPUEに対応する資源量の変動が合うように年齢別漁獲係数(F)を推定した。 Fの推定の安定化のためリッジVPAの手法を用いた。

▲このページのTOPへ

資源状態

資源量(0歳以上)は2012年漁期以降に減少に転じ、2018年漁期は77.5万トンであった。 親魚量は2010~2012年漁期に急増したが、その後は減少し2018年漁期には27.1万トンであった。 加入量には、2008年以降卓越年級群の発生がみられず、2009年級を除き比較的低い状況が続いている。 漁獲圧(漁獲係数:F)は、2010年漁期以降は6歳以上の高齢魚でも低い値で安定して推移している。 再生産関係にホッケー・スティック型を適用して算出した最大持続生産量(MSY)は17.6万トンである。 MSYを実現する親魚量(SBmsy:22万トン)に対する2018年漁期の親魚量の比は1.23であり、2018年漁期の親魚量はSBmsyを上回っている(SB2018/SBmsy=1.23)。 MSYを実現する漁獲圧(Fmsy)に対する2018年漁期のFの比は0.36であり、2018年漁期のFはFmsyを下回っている(F2018/Fmsy=0.36)。 親魚量の動向は近年5年間(2014~2018年漁期)の推移から減少と判断される。

▲このページのTOPへ

資源評価のまとめ

▲このページのTOPへ

執筆者:境 磨・山下夕帆・千村昌之・石野光弘・成松庸二・貞安一廣

  上記の再生産関係はMSYを実現する親魚量および漁獲圧を算出するため、研究機関会議での検討を踏まえて提案したものである。

資源評価は毎年更新されます。