平成27年度資源評価報告書(ダイジェスト版)

[詳細版へ]
標準和名 マダラ 魚種写真
学名 Gadus macrocephalus
系群名 日本海系群
担当水研 日本海区水産研究所

生物学的特性

寿命: 10歳
成熟開始年齢: 4歳(雌)
産卵期・産卵場: 1~3月、局所的に分布(底質が泥底、砂泥底、礫砂底、礫底)
索餌期・索餌場: 不明
食性: 魚類、頭足類、甲殻類(エビ類)
捕食者: 不明

▲このページのTOPへ

漁業の特徴

本系群(青森~石川県)の漁獲量は全国の5~8%と少ないものの、冬季における重要な漁獲対象種である。本種を漁獲対象とする漁業は、沖合底びき網、小型底びき網、刺網、定置網、釣、はえ縄と多岐にわたり、漁獲量の8~9割が底びき網と刺網で漁獲されている。漁期は主に12~翌年3月の産卵回遊期である。

▲このページのTOPへ

漁獲の動向

漁獲量は1964~1990年頃まで約2,000トンから5,000トンの範囲で周期的に変動した。1993年に1,038トンまで急落し、以後1,000トンから2,000トンの範囲で推移した。2004年から増加して、2005年以降は3,000トン前後となり、2014年は2,937トンであった。

▲このページのTOPへ

資源評価法

漁獲量を基に資源状態を判断した。

▲このページのTOPへ

資源状態

資源水準は、漁獲量の最低値が得られた1993年の約1,000トンと沖合底びき網漁業の操業状況が安定している2005年以降で漁獲量の最も高かった2007/2011年の約3,700トンの間を3等分し、高位と中位の境界を2,800トン、中位と低位の境界を1,900トンとした。2014年の漁獲量は2,937トンで、資源水準は高位、過去5年間(2010~2014年)における漁獲量の推移から資源の動向は横ばいと判断した。

▲このページのTOPへ

管理方策

本系群は、卓越年級群が成魚として漁獲対象となると全体の漁獲量が増加する特徴を持つ。例えば1989年の5,174トン(最高値)は、卓越した1984年級群の発生によるものである。このため本系群を持続的に利用していく上で、今後も若齢魚に対してはこれまで同様混獲程度の漁獲にとどめるとともに、卓越年級群の発生の有無を把握することを目的とした若齢魚の漁獲状況のモニタリングを各地先で継続していくことが肝要である。漁獲量の変動および資源水準にあわせた漁獲を行うことを管理目標とし、2016年ABCを算出した。
管理基準 Limit/Target F値 漁獲割合
(%)
2016年ABC
(百トン)
1.0・Cave 3-yr・1.03 Limit - - 29
Target - - 23

▲このページのTOPへ

資源評価のまとめ

管理方策のまとめ

▲このページのTOPへ


執筆者:後藤常夫・藤原邦浩・上田祐司

資源評価は毎年更新されます。