平成27年度資源評価報告書(ダイジェスト版)

[詳細版へ]
標準和名 ヤナギムシガレイ 魚種写真
学名 Tanakius kitaharae
系群名 太平洋北部
担当水研 東北区水産研究所

生物学的特性

寿命: 雄6歳、雌20歳(ほとんどは10歳以下)
成熟開始年齢: 雄:2歳(大部分)、雌:2歳(一部)、3歳(100%)
産卵期・産卵場: 1~6月(ピークは1~3月)、水深100m前後の沿岸各地
索餌期・索餌場: 周年、水深50~400mの砂泥域
食性: 主に多毛類と甲殻類
捕食者: 不明

▲このページのTOPへ

漁業の特徴

主に沖合底びき網漁業(沖底)で漁獲され、次いで小型底びき網漁業による漁獲が多い。主漁場は水深50~200mで、繁殖期の冬場は80~100m、その他の時期は120~140mで漁獲が多い。

▲このページのTOPへ

漁獲の動向

漁獲量は1997~1999年には300トンを超えていたが、2001年には133トンにまで減少した。その後2010年にかけて増加したが、東日本大震災以降再び減少し、2014年は97トンであった。県別では漁獲量の大部分を占めている福島県や茨城県で多い。沖底の漁獲量は長期的に大きく変動しており、2014年は65トンであった。

▲このページのTOPへ

資源評価法

沖底のCPUEと資源量から資源状態を判断した。なお、資源量は1998~2014年に茨城県又は福島県で漁獲されたヤナギムシガレイの年齢別漁獲尾数を基にコホート解析により推定した。

▲このページのTOPへ

資源状態

資源量は1998年以降減少し、2001年以降は570~780トンで推移している。2014年は696トンであった。沖底のCPUEは2001年以降増加傾向にあったが、2013、2014年は減少している。資源水準は、資源量と沖底のCPUEの最大値と0の間を3等分して上から高位、中位および低位とし、中位と判断した。動向は、最近5年間(2010~2014年)の資源量と沖底CPUEの推移から横ばいと判断した。



▲このページのTOPへ

管理方策

本資源は資源量および年齢組成が比較的安定している。このため、震災以前(2006~2010年)の漁獲圧以上に漁獲圧を高めないことを管理目標とし、2006~2010年の漁獲圧の平均値をやや下げた0.8F2006-2010を管理基準値として2016年ABCを算定した。
管理基準 Limit/Target F値 漁獲割合
(%)
2016年ABC
(トン)
0.8F2006-2010 Limit 0.38 27 249
Target 0.31 22 206

▲このページのTOPへ

資源評価のまとめ

管理方策のまとめ

▲このページのTOPへ


執筆者:成松庸二・服部 努・柴田泰宙

資源評価は毎年更新されます。