平成27年度資源評価報告書(ダイジェスト版)

[詳細版へ]
標準和名 マガレイ 魚種写真
学名 Pleuronectes herzensteini
系群名 日本海系群
担当水研 日本海区水産研究所

生物学的特性

寿命: 雄7歳、雌10歳
成熟開始年齢: 雄2歳(割合不明)、3歳(100%)、雌3歳(70%)、4歳(100%)
産卵期・産卵場: 2~5月(3~4月が盛期)、新潟県沿岸では水深50~90m付近
索餌期・索餌場: 青森県~新潟県の沿岸
食性: 多毛類、二枚貝、小型甲殻類
捕食者: 不明

▲このページのTOPへ

漁業の特徴

青森県、秋田県、山形県、新潟県において主に底びき網漁業と刺網漁業で漁獲される。2014年の漁獲量に占める割合は、底びき網が60%、刺網が28%であった。刺網による漁獲は産卵期である2~4月に集中しており、底びき網による漁獲は5、6、9、10月に多くなっている。

▲このページのTOPへ

漁獲の動向

4県の統計値が利用できる1993年以降の漁獲量は、1994年の787トンから1998年の371トンまで減少した後、2008年までほぼ300トン台で推移した。2009年以降は過去最低水準で推移しており、2014年は225トンであった。県別では新潟県の漁獲量が多く、系群全体の約50%を占める。

▲このページのTOPへ

資源評価法

漁獲量の推移から資源状態を判断した。また、新潟県によるマガレイ1 歳魚の分布密度調査結果から加入状況を推定した。

▲このページのTOPへ

資源状態

資源水準は1971~2014年の漁獲量の最大値に近い1,200トンを三等分し、400トンおよび800トンをそれぞれ低位と中位、中位と高位の境界値とした。2014年の漁獲量は225トンで資源水準を低位と判断した。動向は、最近5年間(2010~2014年)の推移から横ばいと判断した。また、1歳魚分布密度調査から、2015年および2016年に3歳魚として漁獲加入する2012年級群および2013年級群の豊度は低いと推定され、今後も資源状態の低迷が続くことが予想される。

▲このページのTOPへ

管理方策

資源水準は低位、動向は横ばいで、2015年、2016年に漁獲加入する年級群の豊度も低い水準と推定されることから、漁獲量を現状よりも引き下げて親魚量を確保し、豊度の高い年級群の加入を待つ必要がある。ABC算定規則2-2)によって、資源の水準と動向に応じた管理基準を設定し、2016年ABCを算出した。
管理基準 Limit/Target F値 漁獲割合
(%)
2016年ABC
(トン)
0.7・Cave3-yr・0.95 Limit - - 160
Target - - 130

▲このページのTOPへ

資源評価のまとめ

管理方策のまとめ

▲このページのTOPへ


執筆者:井関智明・上原伸二・八木佑太

資源評価は毎年更新されます。