平成28年度資源評価報告書(ダイジェスト版)

[詳細版へ]
標準和名 ヤリイカ 魚種写真
学名 Heterololigo bleekeri
系群名 太平洋系群
担当水研 東北区水産研究所
中央水産研究所

生物学的特性

寿命: 1年
成熟開始年齢: 約1歳
産卵期・産卵場: 1~6月、土佐湾では1月下旬から4月下旬
食性: 外套背長50mmまでは主にカイアシ類、60~150mmでカイアシ類に加えてオキアミ類およびアミ類、170mm前後からは魚類
捕食者: 海産哺乳類や大型魚類等

▲このページのTOPへ

漁業の特徴

北部(岩手県南部から房総)では主に沖合底びき網漁業(沖底)のトロール、定置網、小型底びき網漁業(小底)で漁獲される。中部(静岡県以西の本州、主に愛知県)では沖底のかけ廻しと小底、南部(四国・九州)では沖底の2そうびきで主に漁獲される。

▲このページのTOPへ

漁獲の動向

ヤリイカ太平洋系群の1978年以降の漁獲量は、年変動が大きいものの、947トン(2005年)~5,121トン(1979年)の範囲にある。2011年の漁獲量は東日本大震災の影響により1,778トンに減少したが、2012年~2014年の漁獲量は急増し、4千トンを超えた。しかし、2015年は2,518トンに大きく減少した。特に北部の沖底以外(小底)による漁獲量が大きく減少した(2014年から1千トン減少し、2014年比18%)。

▲このページのTOPへ

資源評価法

本系群では、2012年以降の単位努力量当たり漁獲量(CPUE)が極端に高い値を示したため、近年のCPUEを過去のCPUEと比較して長期的に資源水準を判断するのは困難であると判断し、漁獲量を用いて資源水準を判断した。ただし、短期的には資源状況をCPUEでも比較可能と判断し、資源動向は直近5年間の沖底のCPUEの推移で判断した。操業形態及び漁獲動向が異なることから、北部と中部・南部に分けてABCを算定し、合算した値を本系群のABCとした。

▲このページのTOPへ

資源状態

資源水準について、漁獲量の最大値と最小値を三等分して高位・中位・低位に区分した。2015年の漁獲量は2,518トンであり、低位と中位の境界(2,338トン)を上回ったが、中位と高位の境界(3,730トン)を下回ったことから、資源水準は中位と判断した。なお、海域別には、北部の漁獲量は2,133トンで中位(漁獲量が1,858~2,982トン)に相当するのに対し、中部・南部の漁獲量は385トンで低位(981トン未満)に相当し、海域によって状況が異なった。なお、南部沖底2そうびきのCPUEが2014年に増加したものの、北部の沖底トロールが漁獲量の大部分を占めることから、系群全体の動向は北部の沖底トロールCPUEの直近5年間(2011年~2015年)の推移を優先して減少と判断した。

▲このページのTOPへ

管理方策

本系群では、資源水準が中位、動向が減少であることから、資源水準と動向に合わせた漁獲を管理目標とし、漁獲量及び資源量指標値(CPUE)をもとに2017年のABCを算定した。なお、単年性のいか類では、毎年の加入量が環境要因によって大きく変化し、予測も困難である。そのため、努力量規制による管理が効果的である。また、本系群では海洋環境(水温)による資源の応答が海域(北部と中部・南部)で異なっていることから、海域毎に資源管理を実施することも重要である。
管理基準 Target/Limit F値 漁獲割合
(%)
2017年ABC
(百トン)
Blimit=
親魚量5年後
(百トン)
1.0・北部Cave3-yr・0.57
0.7・中部・南部Cave3-yr・0.92
Target 18
Limit 22

▲このページのTOPへ

資源評価のまとめ

管理方策のまとめ

▲このページのTOPへ


執筆者:木所英昭・酒井光夫・服部 努・宮本洋臣・梨田一也

資源評価は毎年更新されます。