平成29年度資源評価報告書(ダイジェスト版)

[詳細版へ]
標準和名 ヒラメ 魚種写真
学名 Paralichthys olivaceus
系群名 日本海北・中部系群
担当水研 日本海区水産研究所

生物学的特性

寿命: 15歳程度
成熟開始年齢: 雄2歳、雌3歳
産卵期・産卵場: 3~7月、南ほど早い、青森県津軽半島西岸から兵庫県沿岸
食性: 着底後は主にアミ類、全長10cm以上では主に魚類、イカ類、エビ類等
捕食者: 稚魚期は大型のヒラメ、マゴチ、オニオコゼ、アナハゼ、イシガニ、エビジャコ等

▲このページのTOPへ

漁業の特徴

主に刺網、定置網、底びき網などで漁獲され沿岸漁業の重要な対象種である。栽培漁業の代表的対象種でもあり、本系群の分布海域においては、1980年前後より人工種苗の放流が開始され、2015年には220万尾が放流された。資源の保護・管理を目的として様々な規制措置がとられており、各府県ごとに全長25~35cmの漁獲規制サイズが設けられている。

▲このページのTOPへ

漁獲の動向

本系群の漁獲量は、1972年の2,448トンをピークに、その後変動を伴いながら減少した。2000年以降は1,000トン前後で推移しているが、近年では2010年の1,176トンから2012年の836トンに減少した後、2013年以降は増加しており、2016年は1,092トンであった。

▲このページのTOPへ

資源評価法

1999~2016年の年齢別漁獲尾数を基に、コホート解析により資源量を推定した。自然死亡係数は0.2とした。 5歳以上をプラスグループとし、4歳魚と5歳以上魚の漁獲係数は等しいと仮定した。2016年の1~4歳魚の漁獲係数には各年齢の直前3年間(2013~2015年)の平均値を用いた。

▲このページのTOPへ

資源状態

資源量は2007年以降2012年にかけて減少したが、その後は増加傾向で2016年の資源量は2,612トンであった。親魚量も近年増加しており、2016年は1,809トンであった。再生産成功率は2013年以降減少傾向である。資源水準と動向は資源量に基づき判断した。資源水準の境界は、漁獲量に基づき判断していた1998年以前の境界を踏襲するため、当時の境界(漁獲量の最大値と最小値を3分割)を漁獲割合によりそれぞれ資源量に換算し、資源量4,300トンを高位と中位、資源量2,900トンを中位と低位の境界とした。Blimitについては明瞭な再生産関係は認められないことから、資源水準の低位と中位の境界を当面のBlimit(資源量2,900トン)とした。2016年の資源量はBlimitを下回っており、水準は低位、動向は直近5年間(2012~2016年)の資源量の推移から増加と判断した。

▲このページのTOPへ

管理方策

本系群の資源量はBlimitを下回る状態であるため、資源量をBlimitまで回復させることを管理目標とし、漁獲係数FsusをB/Blimitの比率で引き下げた管理基準(Frec)により、2018年のABCを算定した。2016年の混入率(1歳魚)は3.1%、添加効率は0.030と推定された。ABC算定における放流尾数は2015年実績、添加効率は2007~2015年放流群の平均値(0.05)を仮定した。現行の漁獲規制サイズでは、海域によっては1歳魚が主な漁獲対象となることがあるため、漁獲体サイズ制限や漁獲開始年齢の引き上げは、有効な管理方策の一つと考えられる。より有効な資源管理に向けて、漁獲規制サイズの見直しや、再放流魚の生残状況の把握が必要である 。
管理基準 Target/Limit 2018年ABC
(トン)
漁獲割合
(%)
F値
(現状のF値からの増減%)
Frec Target 900 32 0.48
(-27%)
Limit 1,060 38 0.60
(-8%)

▲このページのTOPへ

資源評価のまとめ

管理方策のまとめ

▲このページのTOPへ


執筆者:八木佑太・上原伸二・後藤常夫・飯田真也

資源評価は毎年更新されます。